定期的な検診と日常習慣で、子供の虫歯予防

大人よりも気を付けたいのが、子供の虫歯です。
歯が生え始める生後半年から、永久歯に生え変わり始めまでは一番虫歯が起こりやすい時期です。
乳歯というのは永久歯と比べ、柔らかいため、虫歯の進行も非常に早いです。
ですから予防歯科として通院する場合には、フッ素の効果を考えても4カ月から半年に一度通うことをお勧めされています。

子供の虫歯の原因の多くは、冗長的にお菓子やジュースを食べることにあります。
食べ物を食べたあとの歯は、酸性になっていますが、次の食事までに少しずつ中和されてアルカリ性に戻ります。間食が多いと戻る暇がありませんので、酸性のままで歯が虫歯にやられやすい環境がずっと続いてしまいます。
また子供に人気のある乳酸菌飲料や長い間口の中に留まるチューイングガムやグミ、飴のようなお菓子は、歯磨きでは落としにくい歯の隙間に入り込んで虫歯の原因となります。お菓子やジュースを食べた後に歯磨きをすることが一番良いですが、外出先などでその余裕がない場合にはお茶や水を飲むだけでも随分違います。

虫歯になってしまった場合、小さい虫歯なら少し削って治療は終わりますが、歯が黒くなって欠けてしまうほどひどい場合は、年齢によっては様子見で治療をしないこともあります。そこまでほったらかしの場合、子供もかなり痛いはずです。そうなる前に、日常から口の中をチェックしてあげることが大切です。
生えはじめの頃は細心の注意を払っていたけれど、子供が大きくなってきて仕上げの磨きをしなくなると急に虫歯も増えます。
奥歯は特に虫歯が発生しやすい部分で子供も上手に磨きにくいので、たまにでも仕上げの磨きで子供がどれだけ磨いているかチェックすることをお勧めします。

予防歯科の場合、歯のチェック、フッ素塗布、磨き残しのある部分など注意する点を指導して貰えます。歯並びや、ぐらぐらの乳歯が抜けないという相談も定期的なチェックの時にすることができます。
また、虫歯が出来やすい奥歯の溝にシーラントといって虫歯ができにくくなるように蓋をすることもできます。絶対に虫歯が出来ないわけではありませんが、これだけでも随分違ってくるはずです。
生え変わった永久歯もしばらくは虫歯が出来やすいので、小学校の低学年くらいまでは親が注意して見守ってあげることが大切です。

日常的な予防方法としては、フッ素入りの歯磨き粉を使うことと、食べた後にキシリトールが入ったガムをかむということが挙げられます。夜の歯磨きの後に、液体歯磨きでうがいすることもお勧めです。
ガムをかむことは、後々生えてくる永久歯のために健康的なあごを作るためにも効果的です。
しっかりと固い食べ物を食べないと、乳歯より大きな永久歯が綺麗に生えそろうスペースも出来ません。
日常からちょっと手間をかけて子供の歯を見守ってあげて、定期のチェックに通っていれば、子供が虫歯が起こらない歯を育てることはできるのです。