歯科検診も妊婦健診のひとつです。

妊娠すると、歯の治療をすすめられます。もちろん、日頃から定期的に歯科健診を受けている方はこの限りではありません。 ですが、しばらく歯科医を訪れていない場合や、妊娠が分かった時点で虫歯等の自覚症状があれば、出産までの期間に治療を受けることがのぞましいとされています。出産までに歯の治療を終えておくと、のちのちに母親自身が困らないからです。

妊娠をしていない人の場合、すでにある虫歯が突然悪化しても、すぐに歯の治療を受けることが可能です。虫歯に限らず、口の中の不調を抱えている場合でも、同様に気が向いたときに治療を受けることができます。 ですが、妊婦の場合はそうはいきません。妊娠期間中は小さな虫歯だったものが、出産間近になって急きょ治療が必要な程度になってしまうことがたびたびあります。

ですが、治療を受けたくても、妊娠後期になるとお腹が大きくなっているので治療を受けるのが難しくなります。 本格的な治療は出来ず、応急処置で対応することになります。また、出産後に治療を受けようと思っても、赤ちゃんがすでに生まれているので、思うように日程が組めないこともあります。

医者によって考え方は様々ですが、なかには治療に使用される麻酔が母乳に影響しないと言い切れないことから、授乳中の母親の治療に対しても慎重になることがあります。妊娠の経過とともなって、よく言われるのが妊婦の妊娠性歯肉炎があります。これは、つわりなどによって妊婦がこれまで通り歯を磨くことができない時期に、歯ぐきに炎症が見られる症状のことを言います。 時には歯ぐきから出血が見られることもあります。つわりが軽ければもちろんきちんと歯を磨くことは可能ですし、妊娠した人が全員この妊娠性歯肉炎になるというわけではありません。 ですが、妊娠よってホルモンバランスが変わって、妊娠性歯肉炎を招きやすい状況にあるといえます。放っておくと歯周病に転向する可能性がありますので、虫歯がなくとも歯科医のもとで検診を受けることが大切です。これらのことを総合的に考えると、歯の治療が必要だと感じた場合は、妊娠経過に負担のない時期に受診することが大切です。

妊娠に支障のない歯科医への受診時期は、一般的に妊娠4か月目から7か月目が良いとされています。この時期になりますと、妊娠経過も安定していることと、比較的お腹も大きくなりすぎていないので、一定時間の治療を受けることが可能だと思われます。虫歯がなくとも、自覚症状がなくとも、妊娠期間中に一度は歯科医の診察を受けることをおすすめします。