親知らずの治療と違い

歯医者に行く理由の中でも、一番嫌と思えるのが親知らずの治療です。
でも親知らずのことについて知っていれば、少しは親知らずが怖くなくなるかもしれません。

親知らずが生える時期
 親知らずは概ね20代の前半には生えてくることが多く、そのくらいになると歯医者にはひとりで行くため、親が知らないということが名前の由来になっています。
個人さもあり、人によっては15歳程度から生え始めることもありますし、逆に30代になってから生えてくることもありえるのです。

親知らずの違い  親知らずは一般的な歯と違って、横向きだったり逆さだったりと変な向きに生えてくることがあります。
完全に下向きで、他の歯に影響がない場合は特に問題ありませんが、横向きなどで他の歯と接触していると、すぐに虫歯になってしまうので抜歯などで対応をする必要が出てくるわけです。

親知らずの虫歯治療  親知らずが虫歯になってしまった時、まっすぐに生えているものであれば、すぐに治療できます。
これは一般的に歯と同じようなもので、特に問題なく治療もすぐに終わるでしょう。
問題は横向きに生えてしまっている親知らずが虫歯になってしまった時です。
このような場合、どうしても器具が届きにくく、虫歯の治療がおこないにくくなります。
さらに厄介なことに、このような親知らずを放置しておくと隣の歯にすぐに菌がうつり虫歯が感染してしまうのです。
そうなると治療の量も増えてしまうので、横向き親知らずが虫歯になっているのが分かったらすぐに治療するようにしましょう。
抜歯方法は歯がどのくらい横向きに生えているかで変わってきます。
例えば、斜めに生えているくらいであれば麻酔をした後に少し歯茎を切開して、特殊な器具ですぐに抜いてくれることもあるのです。
この方法であれば、抜いた後もそんなに痛みはありません。
しかし、完全に横向きになっていると、歯がほとんど見えていないので抜歯も一苦労となります。
一般的には麻酔をかけた後、数回にわけて歯を分割していくことがあり、治療にもかなり時間がかかることがあるでしょう。
親知らずには残した方がいいという場合もあり、必ず抜歯というわけではありません。

このように親知らずは虫歯になると厄介なこともあり、さらに周りの歯にも影響を及ぼします。
ですので、とにかく親知らずが生えていることを実感したら、すぐに歯医者に向かうことがオススメです。
虫歯も軽ければ軽いほど治療は楽になりますので、自分のために歯医者の定期検診も受けておきましょう。