虫歯を放置すると高くつく

皆さん、歯医者さんに行くのって嫌ですよね?
私だって嫌いです。
なにより、虫歯をガリガリ削られたり、歯垢をひっかき某みたいなものでゴリゴリされて、歯の神経がピリッと痛むのを経験したら二度と行きたくなくなります。

でもこの放置がじつはもっと悪い結果を歯にもたらして、結局行きたくもない歯医者さんに強制的に、しかもより長期間通わされる羽目になることを理解されていますか?

毎日食べ物を食べていると、当然歯の表面や隙間にたくさんの食べ物の屑が挟まって、やがて固定化、歯垢となり、それは歯茎の炎症とか、最終的には虫歯の悪化につながってきます。
長い間放置していると、やがて歯垢は歯茎の炎症を引き起こし、膿み始め、やがて軽く歯を磨いただけや固い食べ物を噛んだだけで出血するようになります。
そうなると、後は結果は一方的に悪い方向に。
最終的には歯はぐらぐらになり、そして虫歯で抜歯をする羽目に至ります。

そうなると、あとは、歯を抜くしかなく、抜いた後は保険適用の入れ歯しか選択肢はない。
お金があれば、インプラントとか、自費で満足できる歯を入れることも可能ですけど、そもそも高くつきますし、利用できる人は限られています。
経験者として書きますが、あの保険適用の入れ歯って、実用性からいえば最低です。
単に噛めればいいだけの代物であって、快適な生活を送るには全くのダメダメ品。
なにより、あの保険適用の入れ歯の技術は戦後すぐに開発されたものらしく、それ以降まったく進歩がないそうです。
そんなものだから、快適な生活ができるレベルの入れ歯を求めても無理な話です。

それはそれとして、その前に大事なことはどうして現状の歯をしっかりと管理して長い人生の間、長持ちさせるかだと思うのです。
それには心理的には嫌ですけど、やはり歯医者さんに行くしかない

まずは歯医者さんに行ってすること、それは自分の歯の状態をしっかり調べてもらい現状を自覚すること。
次に虫歯があれば直すことも必要ですが、その前にしっかりと歯科衛生士さんに歯垢をとってもらうことをお勧めします。

歯垢を取るということはじつに素晴らしい効果を発揮します。
私の場合、歯垢を取る前はすでにたくさんの歯垢が歯の全部にこびりついていて、膿みだしている状況だったので、歯を磨けばすぐに出血していました。歳を取ったから当たり前だろうと自分を慰めていましたけど、じつは歯垢を取り除いてもらうと、びっくりしたことに、その治療以降、一切出血が止まってしまいました。
さらに歯科衛生士さんから歯磨きの方法として、フッ素をしっかり残すことを教えてもらいました。
フッ素は歯の表面をしっかりガードしてくれる効果があって、歯医者さんでは必ず行うフッ素物歯面塗布という治療の一つなのですけど、これは毎日の自宅でも歯磨きでもしっかりと行えばじつに効果的です。
フッ素加工物はほとんどの歯磨きに成分として含まれているので、歯磨きを選ぶのに悩むことはないのですが、より効果を得るためには歯磨き後、あまり水で口内をすすがないことをお勧めします。
歯科衛生士さんによりれば、一度軽くすすぐ程度でいいそうです。
そうすれば、フッ素が長く口内に残り、歯を守ってくるそうですよ。

あと、必要なことは定期的に歯医者さんに行くことですね。 私も虫歯を治すのが最初のきっかけで何十年ぶりに歯医者さんに行かざるを得なかったのですが、この歯医者さんではいきなり虫歯の治療に入らず、時間をかけて歯垢の除去をやってくれました。 今振り返ってみると、本当になぜ、もっと早く歯医者さんに行かなかったのかなと後悔しているぐらいです。
藤沢市の歯科ゆめの森歯科ふじさわでは、患者の立場で考え治療やケアを行ってくれます。虫歯の治療は可能なかぎり痛みのない方法をとってくれます。
今は虫歯の治療も終わり、定期的に歯垢のチェックと除去、フッ素加工物の塗布に同じ歯医者さんに通っています。

そして不健康だった歯は見違えるほど健康状態を取り戻しました。 もちろん毎日の自宅でのしつかりした管理は欠かしません。 自宅での自己管理と歯医者さんでの定期的なチェック、これが私の現在の傾向的な生活を支えているといっても過言ではないのです。